人気の優良出会い系サイトで、エッチなしの援交が探せる事がわかり、明るい気分になりました。
相手を募集するとき、お金関係のキーワードは使ってはいけないことも言われました。
NG設定されているようです。
「援助だとか、お小遣いとか、お金なんて言う言葉使えないんだよ。アカウントが遣えなくなっちゃうの」
とても厳しい処分がくだされるようです。
「だからね、『生活に不安のあるOLだから、優しい男性と食事で癒やされたいと考えている』って投稿するといいよ」
メールを送ってくれた男性とは、直ちにLINEを交換するべきだと言われました。
お金のやりとりは無料通話アプリの方でしなければなりません。
ポイント消費を防ぐためにも、男性は無料通話アプリ交換が喜ばしいことに感じるようです。
早めに交換すれば、相手に与えるポイントも高まるようでした。
これだけ教えてもらえました。
出会いは近くにありそうな気がします。
彼女が言うところの、パパ活サイトをフル活用することにしました。

 

 Jメールとハッピーメール、そしてシュガーダディに登録することにしました。
幸いアプリも提供されています。
それぞれの出会い系サイトで、パパ募集開始です。
掲示板に投稿しても、無料掲示板の時のような事がありません。
山のようにエッチメールが届かないのです。
この辺は安心材料になりました。
お金が必要な男性です。
冷やかし程度でメールを出すことがないみたいです。
安心して食事するだけのパパ募集をしていけました。

 

 粘り越しで投稿を続けたのです。
結果が出ました!
Jメールで紳士から連絡がやってきました。
LINE交換で直接通話です。
これがデートするだけの副業になる可能性もあります。
激しく緊張してしまいました。
誘われるままに、待ち合わせを決定しました。
仕事帰りにディナーをご馳走になることに。
しかも、提示された金額が3万円という高額でした。